ブログ

広島で最先端のアートに触れる「チームラボアイランド」へ行ってきました。

mitene566ec83f-5ffe-402c-b7ff-dd34677a2c6b

こんにちは、デザイナーのTantanです。先日、チームラボアイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地 NTTクレドホール(パセーラ11階)へ行ってきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

夏休み前から広島の各地でポスターによる告知がありましたが、こどもの通っている保育園でもチラシが配られました。さらに知人からも「行ったほうがいいよ」とおすすめされ、日曜日の午後にでかけました。

パセーラ11階につくと、会場はとても賑わっているようでした。保育園告知の成果か、子供連れのお客さんがとても多かったです。入場はすこし行列でしたが、それほど待たされることなく入ることができました。

プロジェクタによる展示なので当然中は暗いです。こどもは一瞬怖がっていましたが、面白そうなことがあるというニオイがしたのか、すぐに気を取り直していました。通路を進んで、お花のアートと屏風絵風のアートがありました。しかし、こどもに急かされて解説もろくに読めずスルー。残念。

その次がメインのお絵かきコーナー。乗り物を描いて街を走らせるお絵かきタウンと、海の生き物を描いて泳がせるお絵かき水族館。こどもは見た瞬間「やるやるー!」とダッシュで飛び込んでいきました。ウミガメの輪郭がプリントされた用紙にこどもが色を塗り、スキャンしてもらって海に投入されました。それがこちら。
mitene566ec83f-5ffe-402c-b7ff-dd34677a2c6b
もじゃもじゃの塊。。。ウミガメの面影がどこにもありません。どちらかというと妖怪です。こどもは「もっと描く!」と主張していましたが、妖怪を量産するだけなので「ひとり一回だけしかできんのよ」と説得しました。

次のエリアは光るボール。

転がすと、色も音も変化する、光のボールによるオーケストラです。

頭上のボールは他のボールと連動しているため、触れると周囲のボールに影響を与え、空間全体の色が変わります。目の前のボールは、転がすと色が変わり、音が鳴ります。体験者は同じ空間で、身体全体を使いながら、大小さまざまなボールに触れることで、共同で空間の色を変化させながら、音楽を自由に奏でます。  公式サイトより引用

正直、この解説をいま読むまで気づきませんでした。こどもが多すぎて、会場が騒がしかったため音は聞こえませんでした。しかも絶えずボールがぶつかっているせいで光の変化も規則性があるのかないのか判別できずでした。しかしボールというのはこどもを熱狂させる何かがあるのでしょうか。みんな夢中で転がしていました。

次は象形文字と動物の映像。落ちてくる文字をタッチすると動物や自然の景観に変わるというものでした。アニメーションがとても美しく、素敵な作品でした。昔遊んだテレビゲームの「大神」を思い出して懐かしくなりました。どういうセンサーなのかわかりませんが、軽く叩く感じよりは手のひらを付けて待つとじわっと反応するようでした。(反応しないとこどもが壁をバンバン叩くので困った。。。)

次は積み木線路と小人のテーブル。これは幼児にはちょっと難しかったかもしれません。間隔を開けて積み木を配置すると間に線路ができたりするんですが、こどもはいつもの積み木遊びを始めてしまって成立しませんでした。小人のテーブルも法則性を理解できないまま、単純に触って反応する部分だけ遊んで終わってしまいました。これはもう少し大きくなると楽しめそうです。

最後は光のシャンデリア「クリスタルユニバース」。音と共に光がダイナミックに変化して、美しい作品でした。

そんな感じで、こどもを追いかけて駆け足で見て回った展示でした。こういうインタラクティブな遊びに触れて育った子どもたちが、将来また新しいものを作り出していくのかと思うとワクワクします。とてもいい体験になりました。
広島では9月4日までなので、まだの方はお早めに!

■この記事を書いた人 Tantan(デザイナー)

18歳まで広島育ち。大阪・東京でデザインの経験を積み、先日広島にUターンしてきました。糖質制限を実践中で冷凍庫には牛肉を常備。最近気になるキーワードは「ミニマリスト」。でも家の中を散らかしまくる2児の子育てに疲労困憊。

関連記事

  1. maplebuttercookie エム・フィールド広島オフィスの日常2
  2. desk 知識や技術と同じくらい大事なのはディスプレイと椅子
  3. blog_twitter 東京と地方はどっちが仕事しやすい?
  4. オープン記念のイラスト エム・フィールド広島オフィス 1周年!
  5. eyecatch7-1 【カープ】#6 この鈴木誠也が見たかった!!
  6. indian-curry_hiroshima_03 上八丁堀-白島でインドカレーを探し求めたランチタイム
  7. carp5 【カープ】#5 交流戦優勝ならず…
  8. webdesign IllustratorとPhotoshop カンプ制作ソフトにつ…

最近の記事

  1. IMG_1781
  2. Hirofuro-logo-8
  3. eyecatch7-1
  4. SEO-eyecatch
  5. wtm100
PAGE TOP