ブログ

CSS Nite in HIROSHIMA, Vol.9に参加してきました

news_study

こんにちは、デザイナーのTantanです。
昨日は狼男の仮装でハロウィンを楽しみました。
halloween
それはさておき、10/29にWEB制作の大規模な勉強会CSS Nite in HIROSHIMA, Vol.9に参加してきましたので、感想をお伝えしたいと思います。

ぼっちでも大丈夫

会場のホールに着くと、すでに大勢の方で賑わっていました。(最終的に参加者150人程だったそうです)
私の知り合いの方はみなさん運営側でとてもお忙しそうだったので、1人で座ってちょっとドキドキしていました。
すると、司会の鷹野さんが「隣の方とアンケート用紙を交換してインタビュー形式で記入してください」とおっしゃって、とたんに会場がワイワイ賑やかになりました。
私も両隣の方とお話するきっかけになって、とてもありがたかったです。場の雰囲気づくりのテクニックのひとつですね、すごいです。

国際化の話

トップバッターはwebクリエイターボックスのmanaさん。

海外とつながるWEB制作についてのお話

旅行や飲食など、海外から閲覧されるかもしれないサービスにとって、とても役立つお話だったと思います。地元の飲食店などが海外の口コミサイトに登録するというのは今まで思いつかなかったことかもしれません。
ノンバーバルなIKEAの説明書には感動しました。

UXについて

二番目のネットイヤーグループの坂本さんは、UXについて。

背景を考えるとは

アプリやサイトの制作をする時、どうしても「ユーザが画面を操作しているとき」という場面から考えてしまいがちですが、さらに一歩踏み込んで、その背景を考える必要があるということ。
どこで閲覧しているのか、サイトを利用する前後は何をしていたのか、意思決定に他の誰が関わっているか。
そういうことを考慮すると、「ユーザが画面を操作しているとき」だけでは見えてこなかった課題点をあぶり出すことができるんですね。

超高速ワークショップ

現場で実際に「カスタマージャーニーマップ」のワークショップをやりました!(ちょうど先日うちでもやりました 「噂のカスタマージャーニーマップの研修を社内でしたのでまとめてみた」
時間がないのでものすごい駆け足ではありましたが、これがすごく面白かったです。

  • 自分の体験を書き出す
  • 感情曲線を書く
  • それを両隣の人と交換して課題を見つける
  • 相手のニーズに合わせた改善案を考える
  • なんと画面UIのスケッチまでやる!

お題は「CSSniteに予約して参加するまで」でした。
実際にお隣の方は、お子さんがいてイベント参加のスケジュール調整が難しい、という背景が出てきました。
私が書いたスケッチはこちら。
cssnite_cjm
イベントの場所日時を入れたLINEメッセージを生成してくれる機能(お願いスタンプ付き)。

「背景を考える」を体感できた

アイデアの良し悪しはともかく、「予約サイトの使い勝手」だけに注目していては出てこないアイデアにはなったと思います。
しかも個別ユーザのニーズにダイレクトに応えたアイデアになる。という効能が実感できた気がします。

プロジェクトのディレクション

デスクトップワークス田口さんのセッションは、プロジェクトをどう進めるかのお話。

目的が一番大事

「目的→企画→設計→制作」という流れの中で、プロジェクトでいちばん大事なのは、一番根っこの「目的」だということ。
一つ前の坂本さんのセッションでも「戦略→要件→構造→骨格→表層」の戦略が大事、というお話があったので印象的でした。

ヒアリングはひとつの専門技術

クライアントにヒアリングする際、その内容をちゃんとコントロールできているかという問いかけは身につまされました。
クライアントが自発的にプロジェクトの背景を話してくれると楽ですが、ちゃんと軌道修正して時間内に聞くべきことを聞くのは技術のいることだと思います。
さらに、ホワイトボードやノートを使ってワイヤーフレームをお客さんと一緒に作るという話に至っては、「よっぽどのスーパーディレクターじゃないと無理では」と遠い目になりそうでした。
少しでもスーパーディレクターに近づくために、田口さんの公開動画でぜひ勉強したいなと思いました。

SEOライティング

次はウェブライダー松尾さんのSEOのお話。

SEOの基本から高度なところまでギッシリ詰まったセッションでした

「ユーザのニーズに応えられる」のがSEO的に良いコンテンツというのは知られていますが、それをさらに進めると「ひとつのコンテンツに情報が網羅されており、疑問が一気に解決できる」ことが評価されるそうです。
そして、網羅的な長文をストレスなく読ませるためには、漫画やキャラクターなどの演出も効果的だと。
非常に勉強になりました、というか引き続き勉強したい気持ちになりました!(今さっそく「沈黙のWebライティング」を読んでいるところです。)

最新の制作テクニック

最後はスイッチの鷹野さんのセッション。私が一番楽しみにしていたパートです。

「いま」の話が盛りだくさん

Adobeソフトやフォントの「最新情報」が次々に紹介されました。
「それは知ってる」と頷いたり「それ知らなかった」とのけぞったり。
次から次へと繰り出される話題に、ジェットコースターに乗ってる気分でした。

特に気になった話題

小さいフォントサイズだとヘルベチカのような丸っこい字形はダマになりやすく、DINのようなスマートな字形が読みやすいんだとか。 それでAppleWatchにそういう字形が採用されたそうです。
私は単純に「DINかっこいいから好きー」とか思ってましたが、背景を知るって大事なことですね。
あとはAffinityDesignerとかSketchとか脱Adobeソフトが台頭していて、そのおかげでAdobeも本気を出し始めてるとか。いいなあ、どんどん脅かしてほしいなあ。
あとAdobeXDで画像が流しこめるのは知っていましたが、文字も流しこめるのは知らず、地味に感動しました。

時代の空気に触れました

覚えたときのやり方でソフトやフォントを使うだけじゃなく、最新のニュースにアンテナをはって取り入れることで、時短になったり表現の幅が広がったりするんですね。
感度を上げていかねば!

おつかれさまでした

登壇者のみなさま、運営のみなさま、そして参加者のみなさまおつかれさまでした!
貴重な機会で、本当に勉強になりました。

ありがとうございました。

■この記事を書いた人 Tantan(デザイナー)

18歳まで広島育ち。大阪・東京でデザインの経験を積み、先日広島にUターンしてきました。糖質制限を実践中で冷凍庫には牛肉を常備。最近気になるキーワードは「ミニマリスト」。でも家の中を散らかしまくる2児の子育てに疲労困憊。

関連記事

  1. blog_gif-01 トップページのカープ優勝バージョンで紙吹雪とともに降ってきたモノ…
  2. blog_twitter 流行語大賞2016 in MF広島オフィス 年間大賞発表
  3. blog_twitter エム・フィールド広島オフィスのランチタイム
  4. eyecatch7-1 【カープ】#6 この鈴木誠也が見たかった!!
  5. newyearswrting00 オフィスで書き初め 新年の抱負を書きました
  6. carp_1-1 【カープ】#1 九里亜蓮 自己最高となる3勝目!!
  7. blog_twitter エム・フィールド広島オフィスのオンオフ
  8. news_study 第94回「WEB TOUCH MEETING」に登壇予定です

最近の記事

  1. IMG_1781
  2. Hirofuro-logo-8
  3. eyecatch7-1
  4. SEO-eyecatch
  5. wtm100
PAGE TOP