ブログ

「ママフェスタ2016 in 広島」に出展したDreamTechSchoolのお手伝いをしてきました。

mamafes

こんにちは。エム・フィールド広島オフィスのゆきぱんだです。
ついに12月!今年もあとわずかですね。だんだん寒くなってきて、早く雪が降らないかな〜スノボ行きたいな〜とウズウズしているゆきぱんだです。
今年は春に広島オフィスが立ち上がり、バタバタとここまで来ました。
来年も楽しくなる予感しかありません!楽しみ〜♪

先日、私の職業訓練の先生だった花谷先生の運営する、広島初!子供プログラミング教室のDream Tech Schoolが「ママフェスタ2016 in 広島」に出展されるということでお手伝いに行ってきました。

 

ビスケットでプログラミング

子どもたちにビスケットというプログラムで、海の中の生き物を描いてもらい、自分でプログラミングしたものを大きなスクリーンで泳がせてもらいました。

 

ざっくりした手順はこんな感じ

※タブレットを使ってプログラミング
1. 絵を描く
2. タブレットの海の部分に描いた絵を好きなだけ並べる
3. メガネのレンズの両方に書いた絵を置く
4. メガネの右レンズの絵を動かしたい方向に少しずらす
5. 大きい海のスクリーンに送る

これだけ。とっても簡単。

 

子どもたちの反応

はじめは「何描こう〜〜〜〜〜?」と、モジモジしてた子が、1つ絵を描いてスクリーンで泳がせるとこまでできて、自分が描いた絵がスクリーンで泳いでるのを見つけた途端、目がキラキラし始め、「もっと泳がせたい〜!」と、自分でサクサク作り始め、親御さんが他のブースを見たいのも気にせず、声をかけられても「もっとやる〜!」と、その場を離れず夢中で制作してました。

mamafes2
子どもたちと一緒に遊んで(一応プログラミング)いると、ハッとさせられる発想というか、思いつきというか、アイデアが無限大ですごいんですよね。自分もワクワクキラキラ、元気をもらえます。

mamafes1
「メガネ2個使ったらもっと面白いことができるよ〜」と、軽くデモを見せてあげるとすぐに吸収!スポンジかっ!ほんとすごいな〜
こういうところからプログラミングに興味をもってもらって、将来面白いものを作るプログラマーさんになってくれる子がいたらうれしいな。

 

「Red Tech-project」の活動

 

redtech花谷先生は子供プログラミングでボランティア活動のチームを立ち上げていて、その活動を広めることが今回のイベントに出展した一番の目的でした。
「病気や、障害や、施設に入所しているなどの事情で、カープの応援に行けない子ども達にプログラミングを学んでもらい、動く応援メッセージを作ってズームズームスタジアムのスクリーンに投影して選手を応援したい」というボランティアチーム「Red Tech-project」。
マツダスタジアムのスクリーンに子どもたちが描いたものが映し出される日が来ると信じて、私も微力ながらお手伝いしていきたいです。(Tシャツもらっちゃったし ←ありがとうございます)

mamafes3

プログラミングで面白いこと、役に立つことができていけたらいいな〜〜〜〜〜

 

■この記事を書いた人 ゆきぱんだ(フロントエンドエンジニア)

広島フロントエンド勉強会 影の主催者。 フロントエンドエンジニアっぽい人。最近はSEO対策やWeb解析なども勉強中で、なんでも挑戦したがります。ぱんだとリラックマが好き。

関連記事

  1. DSC_1817 「広島フロントエンド勉強会 デザイン部 Vol.2」開催レポート…
  2. 20161214_4864 タコパ忘年会をやったらミンティアが殺人的だった
  3. Hirofuro-logo-8 「広島フロントエンド勉強会 Vol.9 & デザイン部 Vol.…
  4. ba2d551a71d04d5d845f05aa74658fb5_m パソコンスクール HA*NA講師を終えて
  5. news_study 第0回 Webデザイナー女子会「デザどき」に参加してきました。
  6. 22964 ハロウィンなのでみんなで仮装して働いてみたらオフィスが楽しくなっ…
  7. Hirofuro-logo-8 「広島フロントエンド勉強会Vol.8」開催レポート
  8. DSC_0072 広島フロントエンド勉強会デザイン部 Vol.5レポート

最近の記事

  1. DSC_0072
  2. Hirofuro-logo-8
  3. carp9
  4. carp8
  5. carp7
PAGE TOP