ブログ

コミュニケーションを円滑にする4のメソッド

coaching

こんにちは、エムフィールド広島オフィスのフロントエンドエンジニアかみーゆです。

10年くらい前にコーチングに出会い、それ以来ちょっとしたコーチングオタクになってしまいました。
普段は黒い画面とお友達の私ではありますが、ちょこちょこといろんな勉強会でコーチングについてお話しさせていただいております。

そんなこともあってですが、広島の.NET系の勉強会・ヒーロー島でまたコーチングネタで登壇の機会をいただきました。

今回は簡略化したコーチングを活用したワークをさせていただきました。
その時にみなさんに体感していただいた4のメソッドをご紹介いたします。

↓↓その時のイベントの感想は弊社デザイナーTantanが書いてます↓↓
ヒーロー島 バレンタイン スペシャル 2017に参加してきました

 

ヒーロー島とは?

広島を中心に活動している IT エンジニアのコミュニティです。 セミナーで紹介された技術をどのように活用しているのかな? 実際にシステムを構築した際の経験談が聞きたい! 最近こんなことを考えているんだけど、他のエンジニアはどうなんだろう? 私たちと一緒にマイクロソフトの技術を勉強してみませんか?

https://heroshima.connpass.com/

お互いの共感領域を広げて相手と仲良くなろう

出身地、血液型、好きな食べ物、家族構成、好きなアーティストなど。 人ってなぜか、共通部分が多いと仲良くなりやすいんですよね。

よく知らない相手と手っ取り早く仲良くなろうと思うなら、少しでも多くの共通点を探すことです。

ワークショップではできるだけ知らない人同士でペアになってもらい、約1分使って共通点を見つけてもらいました。 中には10個以上見つかるペア、以前から顔見知りのペアでも意外と知らない共通点が見つかって盛り上がってました。

コミュニケーション上手な人は自己開示が得意

誰とでもすぐに打ち解けて仲良くなれる人っていますよね。そんなコミュニケーションが得意な人をよく観察してみてください。

「私、広島出身なんです。あなたは?」
「お好み焼きがとても好きなんですよ。どんな食べ物が好きですか?」

こんな感じで、まず自分の情報を開示している人が多いんです。
先に自分の情報を知ってもらうことによって、相手に安心させ、必要な情報を共有していくことができます。 コミュニケーションが苦手な人はまずは自分の情報を伝えてから、相手との共通点を探していくと良いと思います。

浅い多数の共通点よりも深い一個の共通点

よく知らない人と共通点をたくさん見つけることは手っ取り早く仲良くなる方法の一つです。

実はどうでもいい共通点がたくさんあるより、お互いにとって重要で深い共通点があったほうが断然良いです。
もしそんな共通点があればその人と素晴らしい関係が築けるかもしれませんね^^。

歩調を合すテクニック・ペーシング(同調)

人は自分と違うと感じた相手には壁を作ってしまうものですよね。
まずは相手のペースを知り、合わせ、壁を取り除いてあげます。 相手との会話などの歩調を合わせることをペーシング(同調)と言います。

ペーシングのコツは以下の通りです。

  • 相手が話ししやすいようにセッティング
  • 相づち・うなずく
  • 話すスピード、声の大きさ、表情、姿勢、仕草を合わせる
  • 同じ言葉を繰り返す (相手:今日はお昼中華料理食べたんですよ。自分:今日はお昼に中華料理食べたんですね)

まずは徹底的に無視し話し手がとても居心地の悪い環境にし、ペーシング(同調)されないつらさを体感してもらいました。 次に、聞き手はペーシング(同調)を意識して話し手にとって会話しやすい環境にします。

最初につらい状況を体験した分、後半ペーシング(同調)してもらった方は安心感を覚えていたようです。

聞き上手のコツ

  • 最後まで話を聞く
  • 話を引き出す接続語を活用  (○:なるほど それで 他には? ×:でも だって だけど)
  • 本当に言いたいことを聞き分ける
  • 沈黙を大切に

普段仕事で部下・仲間が大切な話しているのにもかかわらず、手を止めずにパソコンをタイプし続けたりしてませんか?
聞く態度がおろそかになって、聞きたい・聞かなければならない重要な情報を取りこぼしてるかもしれませんよ。

質問力をあげる

コミュニケーションとは自分と相手がいて双方向のやりとりが発生して成り立つものです。 相手の情報を引き出すのに質問はとても有効な手段です。

具体化(チャンクダウン)する

会話の中で、情報が不十分で話し手も聞き手も全体が見えないことがあります。
質問することであやふやで見えてなかったことがわかってくることがあります。

A:進捗ダメです。

B:どんな点がダメなのかな?もう少し詳しく聞かせてよ。

オープンクエスチョンとクロースドクエスチョンを使い分ける

オープンクエスチョン

オープンクエスチョンとは「相手に考えさせ、気づかせ、会話を広げる」質問手法です。
5w1hを使って質問します。

  • what(何)
  • Who(誰が)
  • When(いつ)
  • Why(なぜ)
  • How(どうやって)

例えばこんな感じです。

どんな(How)キャンペーンをすると楽しいと思う?」
「このプロジェクトをいつ(When)始めれば円滑に進むと思う?」

クローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンとは「はい」か「いいえ」で答えられる質問です。
この質問手法では確認をとったり、質問の検証ができます

「Aさんにメール送った?」
「企画書はもう作った?」

詰問しない

質問の仕方によっては問い詰めてしまう形になることもあります。
そうならないために、「なぜ」を「何」に変えると相手は詰問に捉えにくくなります。

× なぜミスするの?
○ 何がミスの原因なのかな?一緒に考えよう

ペアワーク

ペアワークでは同じような項目をオープンクエスチョン、クローズドクエスチョンを使ってもらい会話の広がり方の違いを体感してもらいました。

アグノリッジメント(承認)する

アグノリッジメント(承認)とは単に褒めるわけではなく「あなたがそこにいることに私は気づいている」ことを相手に伝えることです。
これが一番大切だと言っても過言ではないかもです。 伝え方にはいくつかコツがあります。 成果、成長や観察して気づいたことを具体的事実として伝えるのがポイントです。

例えば・・・・
「1カ月で契約が10件も取れたんだね」
「君のあいさつは声が大きくてはっきり聞こえるね」

自分の気持ちを素直に伝えるにはIメッセージが有効な

実は主語を変えるだけで、伝わり方が変わってきます。

YOUメッセージ

◯◯さん、今日はよく頑張ったね」 主語があなた(YOU)の場合、評価されているニュアンスもあるので素直に受け取れないこともあります。

I,WEメッセージ

「 ◯◯さんの仕事を見てると、も元気になるよ」 主語が私、私たち(I,WE)の場合自分が感じたままの感想なので素直に受け取りやすい

大切なのはマインド。人を動かす道具として使わない

アグノリッジメント(承認)とはあくまで「あなたがそこにいることに私は気づいている」ことを相手に伝えることです。
相手を自分の思い通りに動かそうとして使うと反感を招いたり警戒されるのでご注意を。

アグノリッジメントに有効な言葉をみんなで考えてみる

上司や仲間に言われるとうれしい言葉、認められてるなと思える言葉を各グループに分かれてディスカッションしてみました。

もちろん、職業や立場、性格などでどんなアグノリッジメントが効果的かは個人差がありました。
人は大なり小なり承認欲求があり、仕事ぶりや成果を見ていて(認めて)欲しいものなのだと私も痛感しました。
余談ですがプログラマの方が多かったせいか、「このコードどうやって書いたの?すごいね」「どのフレームワーク使ってるの?」とか、詳細や理由・根拠?も添えて承認されたい方が多かったのが印象的でした。

まとめ

以上ですがざっくばらんにコーチングの簡単なワークを体験していただきました。
今回はテクニックをご紹介いたしましたが、やっぱりマインドが大切。仲間を思い、うまくチームを回していくことが大切だと思ってます。
そうはいってもうまくいかない時は、コーチングの知識や手法を頼ってみてもたまにはいいかもしれませんね。

■この記事を書いた人 かみーゆ(フロントエンドエンジニア)

CMS concrete5の認定エバンジェリスト。コーディングからプログラミングまでフロント周りを中心にお仕事してます。広島支社でフロントエンドからサーバエンドまで幅広く触れるリベロなエンジニアを目指してます。お得意のconcrete5や技術的なTipsの記事を主にUPしてます。好きなものは肉とビール。

関連記事

  1. How-to-make-ribbon-in-Illustrator-8 【初心者向け】イラレでリボン作成 ワープで簡単変形!
  2. illust-tutorial22 傘の描き方-コツをおさえて簡単リアル【Illustratorチュ…
  3. 吹き出しの作り方タイトル画像 いろいろな種類の吹き出しフラッシュ・ベタフラ・叫びや雲形など 【初心者OK】IllustratorCCで漫画風吹き出しの作り方…
  4. perspective_tips_10 イラレの遠近グリッドで3D風のイラストを描く方法「車編」
  5. shortcut_repeat-copy2 IllustratorのショートカットコンボをPhotoshop…
  6. css-numbering 意外と知らない?!CSSで文頭にナンバーを自動出力する方法
  7. blog_image_WP CMS設計で心がけていること
  8. Google-auto-mail-return-8 Googleフォームの自動返信機能を追加する(前編)

最近の記事

  1. DSC_0072
  2. Hirofuro-logo-8
  3. carp9
  4. carp8
  5. carp7
PAGE TOP