ブログ

【初心者OK】IllustratorCCで漫画風吹き出しの作り方 -上級編-

吹き出しの作り方タイトル画像 いろいろな種類の吹き出しフラッシュ・ベタフラ・叫びや雲形など

上級 パターンブラシで作る吹き出し

超初級初級中級に続いて、つぎは描くのが面倒なフラッシュ。 パターンブラシに登録して便利に使える技を紹介します。

上級レベル1:フラッシュ吹き出し

フラッシュ吹き出しのパターンブラシの作り方 見出し画像

まずは、ペンツールで縦線を一本描きます。そして、線幅の「プロファイル」で両端が細くなっている舟形を適用します。
それをランダムな間隔で20本程度複製し、長さもバラバラにします。

線ウィンドウのオプションで線幅プロファイルを適用する説明画像

右端の一本だけは線と塗りをなしにして、見えなくしておきます。(パターンブラシに設定した時の間隔調整のためです。)
そして、20本の線をすべて選択した状態で、ブラシウィンドウの「新規ブラシ」→「パターンブラシ」→OKを押します。

縦線をパターンブラシに登録する説明画像

パターンブラシオプションの設定はおそらくデフォルトでOK。
これでブラシが追加できました。

パターンブラシオプションの設定と追加したブラシの説明図

このブラシでフラッシュ吹き出しを書いてみましょう。
まず、黒い線で楕円を描きます。そして、さきほど作ったブラシをクリックして適用。
このままだとフラッシュの線が長すぎる感じですが、個別に調整できるので大丈夫です。

楕円にパターンブラシを適用してフラッシュにする説明図

ブラシウィンドウメニューから「選択中のオブジェクトのオプション」を選びます。
そして、拡大・縮小のスライダで長さを調整します。プレビューをオンにすれば見ながら調整ができます。

選択中のオブジェクトのオプションでブラシストロークを調整する説明画像

文字の入る部分を白で塗りたい場合は円形のグラデーションを使います。
正円を描き、線は黒、塗は白から透明へのグラデーションを設定します。そして楕円形に変形し、先程のパターンブラシを適用します。

円形グラデを楕円に変形してブラシを適用する説明図

上級レベル2:ベタフラ吹き出し

ベタフラ吹き出しの作り方の見出し画像

手描きではとても大変なベタフラッシュも、パターンブラシに登録できます。

まず適当な縦長の長方形のガイド枠を描きます。
上部3割り程度を黒の長方形で塗りつぶします。
ペンツールで縦線を描きます。
先端が細くなる三角形の線幅プロファイルを適用します。
同様に、太さ・長さ・間隔をランダムにした縦線で埋めていきます。

線に尖った線幅プロファイルを適用してベタフラのブラシ素材を作る説明画像

両端に隙間ができないよう工夫を加えます。

まず、長方形を2つ描きます。
そして、ペンツールで右下と左下のポイントを削除します。
縦に細長く変形します。
フラッシュの両端に配置します。

ベタフラブラシ素材の両端の始末の仕方 説明画像

すべて選択した状態で、ブラシウィンドウの「新規ブラシ」→「パターンブラシ」→OKを押します。 パターンブラシオプションの設定はおそらくデフォルトでOK。 これでブラシが追加できました。

ベタフラのパターンブラシへの登録の説明図

ブラシを適用してみましょう。まず楕円を描きます。そして、先程作ったブラシを適用します。
このままでは文字を入れるスペースが狭いので、フラッシュの長さを調整します。
ブラシウィンドウメニューから、選択中のオブジェクトのオプションを選びます。

ブラシストロークを調整する説明画像

拡大・縮小のスライダーを調整すればOKです。

ベタフラパターンブラシの完成図

次に、下地を白で塗る方法をご紹介します。
フラッシュを適用した楕円を、ただ塗りを白にしただけだと、キレイに塗りつぶせません。
そこで、アピアランスで白線を追加します。 アピアランスウィンドウで、「新規線を追加
ドラッグして塗りの背面に異動します。

ベタフラッシュのうしろの塗りつぶし方 アピアランスの重なりの調整説明図

そして、線色を白にして充分塗りつぶせるまで太くすればOKです。

アピアランスパネルで先の太さを調整する説明画像

最後に、白のフラッシュ部分だけを取り出す方法をご紹介します。
先程の背景の塗りつぶしはなしで、シンプルな黒線にパターンブラシを適用した状態から始めてください。
オブジェクトアピアランスを分割をすると、すべてアウトラインがとられた状態になります。

パターンブラシのアピアランスを分割するメニューの説明図

そのまま、パスファインダー合体のボタンを押します。
そして、外側のパスをダイレクト選択ツールで選択し、deleteキーで削除します。

分割したパターンブラシをパスファインダで合体して内側を取り出す説明図

塗りを白に変えれば、出来上がりです。
白だけでなく、パターンなどの塗りを設定することも可能です。

ベタフラッシュをグラデーションに置いたりトーンパターンを設定する説明図

上級編レベル3:少女漫画風の吹き出し

少女漫画風吹き出しの作り方見出し画像

少女漫画のモノローグで使うような、ぽわわんとした吹き出しです。
一度パターンブラシに登録しておけば、自由な形で使いまわすことができます。

まず、シャボン玉のような模様を作るため、円をランダムに並べます。
そして、線なし塗りなしの図形で少し間隔を作っておきます。
ブラシメニュー新規ブラシパターンブラシを選択。

円をシャボン玉のように新規ブラシ登録する説明図

オプションはそのままでOKを押してください。
このまま円に適用するとサイズが合わない場合もあるので、そのときはブラシメニュー選択中のオブジェクトのオプションを調整します。

シャボン玉風のパターンブラシのサイズを調整する説明図

拡大・縮小のスライダーを調整してシャボンの大きさを変えます。

シャボン玉サイズを調整してできたパターンブラシの図

次に、グラデーションをつけます。
まず、アピアランスで「新規線の追加」を押します。そして、アピアランスパネルで上の線をドラッグして塗りの下に移動します。そして、線色にグラデーションを設定します。

線:右端の線に沿うグラデを選ぶ。色のスライダは、不透明度0%、グレー、不透明度0%、の順に設定。

線にグラデーションを設定して内側と外側をふんわりする説明図

最後にぐるぐる囲む白い線をつけます。
「新規線を追加」塗り:なし 線:白 に設定します。そして、アピアランスパネルで今追加した線を選択します。
下の「fx」(新規効果)のボタンを押し、パスの自由変形を選びます。

アピアランスで線を追加して効果で自由変形する説明図

さらに線を複製します。
アピアランスパネルで今追加した線を選択。下の「選択した項目を複製」ボタンを押します。
そして、パスの自由変形を押してさっきの線とずれるように変形します。

アピアランスの線を重ねて自由変形する説明図

同じ要領でもう一本複製して変形したら出来上がり
線にしたり、枠にしたり、色々使いまわせます。

少女漫画風吹き出し完成図 セリフ「好きです。」

IllustratorCCで漫画風吹き出しの作り方、これにて完結です。応援ありがとうございました、次回作をお楽しみに!

目次に戻る→

■この記事を書いた人 Tantan(デザイナー)

18歳まで広島育ち。大阪・東京でデザインの経験を積み、先日広島にUターンしてきました。糖質制限を実践中で冷凍庫には牛肉を常備。最近気になるキーワードは「ミニマリスト」。でも家の中を散らかしまくる2児の子育てに疲労困憊。

関連記事

  1. consaru エム・フィールド 広島オフィスで「広島フロントエンド勉強会 Vo…
  2. 2027thum オープンセミナー2017@広島に参加してきました
  3. Hirofuro-logo-8 広島フロントエンド勉強会 & 広島Unity勉強会 特…
  4. thumbnail 広島初!子供プログラミング教室にお邪魔してきました
  5. Hirofuro-logo-8 「広島フロントエンド勉強会Vol.6」開催レポート 〜CSS&豆…
  6. WEBTOUCHMEETING-talk 第92回「WEB TOUCH MEETING」に行ってきました!…
  7. Hirofuro-logo-8 「広島フロントエンド勉強会 Vol.9 & デザイン部 Vol.…
  8. osc2016-i OSC2016広島に出展してきました。

最近の記事

  1. DSC_0072
  2. Hirofuro-logo-8
  3. carp9
  4. carp8
  5. carp7
PAGE TOP