ブログ

第92回「WEB TOUCH MEETING」に行ってきました!

WEBTOUCHMEETING-talk

こんにちは、デザイナーのTantanです。7/23日土曜日、第92回「WEB TOUCH MEETING」に行ってきました。WEB TOUCH MEETINGとは、広島で2008年から開催されているWEBの勉強会です。サイトはこちら→「WEB TOUCH MEETING」
今回はうちのボスのゆうさんが話し手として登壇しましたので、その様子をお伝えしようと思います。

勉強会の様子

場所は合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市中区袋町6-36)で、50人ほどの方が集まっていました。集まったのはプログラマさんやデザイナーさんなど、広島で様々なWEB関連のお仕事をされている方々のようでした。開始前は、顔見知り同士でお話したり、初めての方々が名刺交換したりと賑やかでした。ちょうどポケモンGoが公開されたということで、やはりWEB界隈のみなさんも注目しているようでした。(そういえば私も平和大通り近辺でスマホを持った若者たちと遭遇しましたが、ポケGoだったのかどうかはわかりません。ちなみに宇品の花火大会の日でもあったようです。)

テーマはわかりやすさ

ゆうさんは三人の話し手のトップバッターとして登壇。テーマは「わかりやすさ」そして「利用者視点」についてでした。このブログではSEOに関する執筆が多いですが、今回は個人的に活動している「ワカラボ」の主旨に沿った内容となりました。ワカラボのサイトはこちら。

話の内容

私が特に印象に残った部分の感想です。

トイレの看板はピクトグラムと英語表記のどちらがわかりやすいか

よく見る男女のピクトグラムと、LAVATORYという表示を比較して、どちらがトイレだと思いますか、という問いかけがありました。みなさんピクトグラムの方で挙手されていました。
実はLAVATORYというのも正しい英語らしいのですが、いまの日本ではピクトグラムのほうが普及しています。わかりやすさというのは絶対的なものではなく、誰が使うのか、どんな状況で使うのかによって変わるんですね。

人の行動は感情に左右される

スライドで、お買い物にまつわる紙芝居が紹介されました。はじめは実物の商品を見て量販店でじっくり吟味して買おうと思っていた人が、風邪で寝こんだために結局スマホでポチッと通販しちゃった、というストーリーです。人間がいかにいい加減で、その場のテンションで行動するかということですね。
確かに思い当たります。私もちょっとしたことで気持ちがくじけたり、逆に「いま欲しい」と思うと値段とか関係なく買ってしまったりもします。アプリにしても、プロダクトにしても、「いま使いたい」という気持ちを邪魔しない使いやすさが大事なんですね。さらに、利用者がどんな気持ちで使うのかを想像して、そのテンションを盛り上げる仕掛けがあるといいんでしょうね。

ユーザーテストの最適人数は5人

プロダクトのテストをするには、3人、5人、10人、50人のどれが適切だと思うかという問いかけがありました。会場の挙手はバラけていました。
答えは5人。ちょっと意外に感じた人が多かったようです。スライドではそのことを実証した線グラフが示されました。なんでも、5人いれば問題点の8割は発見できるそうです。倍の人数を集めて10人にしても発見数はそれほど増えない、50人でも完璧までは無理となると、コスト効率がいいのは5人ということなんですね。

全体の感想

手書きイラストのスライドとユーモア混じりのトークで、会場では笑い声もあがっていました。質疑応答では、ユニバーサルデザインに関することやBtoB案件での考え方などについて意見が交されていました。ゆうさんは風邪で喉を痛めていたものの、会場の反応をみながら話を進めていたので、「わかりやすく」伝わったのではないでしょうか。
他ふたりの話し手の方も、マーケティングについて・こどもプログラミング教室について、それぞれ興味深いお話をされていました。今回のWEB TOUCH MEETINGは、珍しくプログラムがらみのお話がなかったということで、私でもついていける内容でよかったです。
終了後は、緊張から開放されたボスを労うため、皆で肉バルへ行ったのでした。お疲れ様でした!

■この記事を書いた人 Tantan(デザイナー)

18歳まで広島育ち。大阪・東京でデザインの経験を積み、先日広島にUターンしてきました。糖質制限を実践中で冷凍庫には牛肉を常備。最近気になるキーワードは「ミニマリスト」。でも家の中を散らかしまくる2児の子育てに疲労困憊。

関連記事

  1. pug これからのコーディングは再利用と効率化だ!話題のPugを使ってみ…
  2. blog_panda_penguin ユーモアのあるサムネイル画像をデザインするための発想法
  3. photo-size_15 レスポンシブのフルスクリーン画像はどんな比率の写真が最適?
  4. japanese-flower-tutorial-title-8 Illustratorチュートリアル 和風「ねじり梅」の描き方
  5. 吹き出しの作り方タイトル画像 いろいろな種類の吹き出しフラッシュ・ベタフラ・叫びや雲形など 【初心者OK】IllustratorCCで漫画風吹き出しの作り方…
  6. Color scheme-page-12 WEBデザインの配色を無難にまとめるための鉄則3つ
  7. blog_image_WP 最近気になるVCCWを使ってみた
  8. color-12 イラレのイラストに自然な陰影を与える配色のコツ

最近の記事

  1. 吹き出しの作り方タイトル画像 いろいろな種類の吹き出しフラッシュ・ベタフラ・叫びや雲形など
  2. 吹き出しの作り方タイトル画像 いろいろな種類の吹き出しフラッシュ・ベタフラ・叫びや雲形など
  3. 吹き出しの作り方タイトル画像 いろいろな種類の吹き出しフラッシュ・ベタフラ・叫びや雲形など
  4. 吹き出しの作り方タイトル画像 いろいろな種類の吹き出しフラッシュ・ベタフラ・叫びや雲形など
  5. lig_10
PAGE TOP